スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
3月30日(日) あしたが暫定税率などの期限。国民生活の混乱回避へ全力を!
――福田首相の新提案を受け、翌28日付けの新聞各紙の社説は――
「首相の決断 小沢代表が応える番だ」(朝日)
「次は民主党が歩み寄る番だ」(毎日)
「民主党も大胆に妥協せよ」(読売)
「首相提案踏まえ、与野党は協議尽くせ」(日経)
「民主は政策協議に応じよ」(産経)
などと、各紙とも首相の新提案に対し、民主党など野党側も譲歩案を示し、与野党協議を始めるよう求めています。

「従来より踏み込んだ新提案」(日経)
「政治のツケを国民に回してはならないという首相の決断」(産経)
「国民生活の混乱回避のため、首相提案を踏まえて与野党は最後まで話し合いを尽くすべきである。民主党は問答無用のような態度をとってはならない。(日経)
「これだけ民主党に譲歩した提案に対し、きちんと対応しなければ、民主党はいずれ国民の厳しい批判を浴びることになるだろう」(読売)

――民主党が固執するガソリン暫定税率の即時全面廃止については――
「国と自治体の苦しい台所を考えれば、2,6兆円もの税収が消えてしまうのは大きな痛手だ。ガソリン代はまた上がるのか、税収はあてにできるのか、消費者や自治体は混乱せざるを得ない。それを考えれば、08年度は暫定税率を維持するのが現実的だ」(朝日)

「まだわずかに時間は残されている。次は民主党が歩み寄る番だ」(毎日)
民主党のこだわりに対しては、「ガソリン価格を人質にとり、国民生活が混乱しても構わないという政局至上主義に基づく主張だからではないのか」(産経)
「民主党は、参院第一党として、政治運営に重大な責任を負っている。“拒否政党”という汚名は、早く返上した方が良い。」(読売) ーーーなどと指摘しています。
P1010070.jpg
                                                          
スポンサーサイト
【2008/03/30 23:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
このちゃんブログ


このしますみこのブログです。その日の出来事を思いつくままに書いています。

プロフィール

okkacchan

Author:okkacchan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。