スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
9月27日(日) 八ッ場ダムの今後
 八ッ場・・・と書いて、やんばと読むのはなぜでしょう?地元の方々が呼びやすいようにしたのでしょうか・・・?
 先日、 山口代表の八ッ場ダムの現地住民の方々との意見交換会の様子をテレビで見た。
それについて、地元代表の方々から多くの感謝の言葉が寄せられたとのこと。
 『自分達の思いに真正面から向き合ってくれる公明党の議員に、大きな希望を頂いた。』
『公明党議員の発言には、苦しんでいる住民の思いを我が思いとして取組むという強い意志を感じた。本当に公明党の議員は素晴らしい。』
 また、地元の自民党県議からも『自民党の国会議員で、これほどじっくり住民の声を真剣に聞いてくれた議員はいない。私にとって今、苦しんでいる人たちは家族と一緒であり、公明党さんに心から感謝したい。』
 また、席上大澤知事より八ッ場ダムの長い変遷の中で、平成7年の協定の締結がなされ工事がスタートして、その当時は自社さ政権であったとの発言があったとのこと。知事が言うとおり、平成7年11月に吾妻町との協定書(長野原は平成4年に締結)が締結されていて、平成7年11月28日に地域整備計画が閣議決定をされている。
 この時の総理は旧社会党の村山富市氏で、その連立のパートナーである新党さきがけの代表幹事が現在の鳩山総理であり、菅直人は政策調査会長、そして前原大臣が政策調査副会長?とのことである。
 当事の政権の執行部が現政権の幹部であるということを、どのように考えているのだろうか。
政治家は、自分の発言に責任を持ってもらいたいものだ。国民の生活第一の視点もどうなのだろうか・・・。

画像 001

区民相談・・・住宅問題・福祉課題2件


スポンサーサイト
【2009/09/27 19:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
このちゃんブログ


このしますみこのブログです。その日の出来事を思いつくままに書いています。

プロフィール

okkacchan

Author:okkacchan

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。